廃車に掛かる費用と廃車買取

廃車に掛かる費用と廃車買取

廃車にするとお金がかかるんじゃないかと考えている方が少なくないようです。
しかし、廃車にする手続き自体は、驚くほど費用が掛からないのが現状です。
個人で廃車の手続きを行う場合に発生する費用には次のようなものがあります。


まず、手続き上どうしても陸運支局に支払わなければならない費用があります。
廃車には2通りの手続き方法があり、1つは、一旦廃車とするが、自分か誰かが将来再びクルマとして使うか、中古車買取業者に車買取してもらうなどの予定になっている場合の「一時抹消登録」です。
この場合、陸運支局での手続きで支払う手数料はわずか350円です。


もう1つの方法が、完全にクルマとしては使わず、解体したり海外に輸出したりする場合の「永久抹消登録」ですが、こちらの手数料は何と0円なのです。
これらのことから、手続き上は廃車というのはタダかそれに極めて近い手数料しか掛からないというのが結論です。


ただし、以上はあくまでも行政的手続きのみの話であり、実際には不要になったクルマを運んだりしなければなりません。
また、解体業者に出す場合は、解体手数料として数千円から数万円を要求されることになります。
従って陸運支局での手続きの他に廃車で必要になるお金というのは、このようなクルマ自体の処理に掛かるお金ということになります。


ところで、解体をお願いするには必ずお金が必要になると考えていらっしゃる方も多いですが、決してそうでもありません。
確かに解体を有料で引き受ける業者はたくさんありますが、世の中には、廃車となるクルマを買い取って、それを誰かに販売することによって利益を上げる会社もたくさんあります。


廃車買取を專門に行なっている会社なら、買い取ったもう動かないクルマから、販売できる部品を取り外してリユース、再販しています。
むしろ、車体はボロボロであっても、パーツによっては、交換したばかりだったり、まだまだ現役として使える物がたくさんあったりするのです。


また、無料で、動かないクルマを引き取りに来てくれるサービスを行なっている業者も多く、自分で解体業者にお金お掛けて持って行くのとは全く異なります。
このように、廃車買取の専門店なら、お金を支払って乗らなくなったクルマを買い取ってくれる上に、廃車の手続きもしっかり代行してくれたりしますから、これ以上嬉しいことはありません。